イベント専門の俳句講師がご提案「福利厚生の新しいカタチ」

イベント専門の俳句講師をしています。また家族を愛し仲間を愛し部下や社員を愛するリーダーだからこそ抱えるジレンマを生き様と捉えリーダーのこころとことばに寄り添う俳句セラピストとしても活動をしています。

色を生業にする!〜8年前の取材ノートが出て来ました!〜

f:id:nihonnokokoro:20171016180001j:image

8年前の取材ノートが本棚から出て来ました!

 

こんにちは!20代〜40代女性の漠然とした不安を安心に変え幸せな女の一生をデザインするセラピスト 藤川佐智子です。

 

昨日は相方に急かされ強制的に本棚整理を命じられブツブツ言いながらしていましたら本の間から出て来た取材ノート♡

 

これは、私が愛知に来たばっかりの頃、ファンで読んでた色彩サイトの「色を生業とした方へのインタビュー記事のライター募集」があり「色を仕事」にしたかった私は、1年間、東海地区のライターに手を挙げ書いてました。

 

思えば愛知のお仕事のスタートはライティングから始まったのですね^ ^

 

その頃の取材ノートが出て来たのです。

一番最初にインタビューさせて経営者さんとは、インタビューの数年後にFBで私を見つけて下さって今も可愛がって頂いてる^ ^(私が広島で取得したカラーセラピストのディプロマの発行元だと言うのを後で知りビックリしました(≧∇≦))

 

あの頃の私は愛知に来たばかりで、自営をしてる相方から「今から4ヶ月は売上無いからね」と言われながら「色に関わることしかしないから」と、このライター業と化粧販売会社さんでパートをしてました。

 

よくもまぁ〜嫁のワガママを聴いてくれたわと感心しましたが、

 

取材ノートを読みながら、「色を生業とする人の歴史」を改めて読み返し、皆さんが「色を通して得たもの」「色を生業とすることの努力と戦略」などを振り返りながら

 

「やりたいことにはこだわる」と言う大事なことを思い出させてもらいました。

 

そんなこんなで見つかったノートとの戯れに時間を取られ、お約束通り、本棚整理は持ち越しです(≧∇≦)

また今度、頑張ります!

 

それにしてもライティング業には縁があり、新しい情報に出逢え、仕事に対する思いを言語化する作業は、どんな業種、業態に関わらずワクワクしちゃいます。

 

自分の言葉を紡ぐのも好きですが、人の言葉を紡ぐのはもっと好き^ ^

 

自分らしさは言葉に宿る!ですね^ ^

今日もお読み頂きありがとうございました!