イベント専門の俳句講師がご提案「福利厚生の新しいカタチ」

イベント専門の俳句講師をしています。また家族を愛し仲間を愛し部下や社員を愛するリーダーだからこそ抱えるジレンマを生き様と捉えリーダーのこころとことばに寄り添う俳句セラピストとしても活動をしています。

「感じる」から始めよう☆

こんにちは!サチです^ ^

 

今日は「半夏生

俳句を始めて良かったなぁ〜と

思うことの1つに、
ドラマチックな季語に出会えること♡

 

夏は特に多い気がして、
冬生まれの私が夏を好きな理由の1つ。 

 

f:id:nihonnokokoro:20170702173611j:image

 

そんな一句を挟みつつ…

 

私が俳句セラピストを始めた根本理由に

日本の心の課題は
「心の西洋化」が原因の1つだと思っている。

 

だから
「日本には日本の心理学が必要」との思いで
「俳句は日本の心理学」という捉え方をして
お伝えしているのだけど。

 

昨日、聞いていたセミナーを振り返り

気付いたことがあった。

 

日本の心の言語化ノウハウは
「3」じゃなく「4」ってこと^ ^

 

セミナー講師の学びではノウハウは奇数…

 

特に「3」は魔法の数字とされてて

よくポイントやステップとして

使われる数字だけと

ここが西洋だと今朝気付いた^ ^

 

あくまでも私が体感した「自論」です♡
が…

かなりの自信作*\(^o^)/*

 

そんなことをフェイスブックに書いたら

臨床心理士声楽家でもあるお友達が

 

日本は農耕民族なので、イチニ、イチニ、で

ワルツ〜三拍子〜な感覚は日本人には難しいのかもと、歌の師匠といつも話していたり。

イタリアの世界トップクラスのアーティストさんとも、そのお話で盛り上がったことがある…と、コメントに書いてくれました。

 

日本には日本の心理学…
また進めそうです*\(^o^)/*

 

で、

「3」ではなく「4」の話を端的に言うと…


西洋の心理学は「知る」からスタートし、

だいたいスリーステップで話をされる。

 

「日本には日本の心理学が必要で
私はそれを俳句でオススメちぅ」なのは

日本の心理学は「感じる」からスタートし

「知る」へと繋がる…

 

これだとノウハウは「4」になるからなとのです。

 

なので「在り方」を語るときは
「感じる」からスタートするのがサチ流…

 

というか日本的な心理学だと思っているし
私はいつもそこから話します。
(俳句占いも同じ理由^ ^)

 

この間
オープンカレッジの生徒さんが

講座後に話してくれた。

 

先生の言葉で気付いたことがあります。
五感から自分を話すことって親しい人とでも
なかなか日常ではないですよね…
なんかそれがとても不思議で感動します…と…

 

そうなのです^ ^

 

「知る」の前に「感じる」って大事。


不感症は心を守る大事な武器だけど
「自分を生きる時」には厄介な壁になる。

 

感じる…って大事

感じるから始めよう…っていう話^_−☆


うふふ♡