立冬で一句☆

「優しい言葉社会の創造」をテーマに講師活動をしています。俳句と季節の色(四季彩療法)を使い言葉のチカラで心を癒す四季彩俳句セラピスト(文芸療法家)さちです
https://kokorokotba575.jimdo.com/
社会を上げる女性づくり!来ればアゲージョになるサロン「ことばの温度」ブログはコチラ→https://ameblo.jp/agejyosachi/entry-12416024957.html

f:id:nihonnokokoro:20181107185507p:image

 

初めての朝に使うおニューのトースター。

語呂が悪かったので、オーブンレンジに変更^ ^

そして気付く「立冬じゃん」って。

冬の始まりと重なってちょっと身が締まる。

伊藤園さんの新俳句大賞募集スタートです!

「優しい言葉社会の創造」をテーマに講師活動をしています。俳句と季節の色(四季彩療法)を使い言葉のチカラで心を癒す四季彩俳句セラピスト(文芸療法家)さちです
https://kokorokotba575.jimdo.com/
社会を上げる女性づくり!来ればアゲージョになるサロン「ことばの温度」ブログはコチラ→https://ameblo.jp/agejyosachi/entry-12416024957.html

f:id:nihonnokokoro:20181103090702j:image

今年も受付開始です!伊藤園お〜いお茶新俳句大賞

自分の言葉で表現することが出来なかった
子ども時代を経て、私が今、俳句セラピストとして、文芸療法家として活動出来ているのは

 

f:id:nihonnokokoro:20181103090826p:image

高校時代に五七五の世界に出会い
20代前半に、川柳作家の故時実新子氏の川柳に衝撃を受け
20代後半で、伊藤園お〜いお茶新俳句大賞で大賞を頂き

 

「自分の言葉で生きること」に太鼓判を押して頂けたから…

 

私は何かで認めてもらわなければ、自分の言葉で生きることが出来なかったんだよね。

だから私は五七五に感謝しているし、伊藤園さんの新俳句大賞には感謝しているのです。

 

私が伊藤園さんに作品を出そうと思ったのは
新俳句だったことと「心の風景」というキャッチコピーに引かれたこと。

 

でも1番の理由は
「大賞を取れたら審査員を務めている大好きないとうせいこうさんに会える!」でした 笑

f:id:nihonnokokoro:20181103090944j:image

断捨離してたら20年前の10周年パーティーの写真が出て来ました^ ^4ヶ月の娘と一緒に(^ν^)

そしてこの娘も10歳の時、五七五の世界に救われることになるのです。

 

今年から、学校の先生向けのページも出来てる
俳句を授業に取り入れることで、子どもたちにおこった変化も紹介されてます。

https://itoen-shinhaiku.jp/
私もお役に立てることを考えてます^ ^

 

そんな新俳句大賞にあなたも挑戦してみては?
・今年も対策講座もやりますよん^ ^

また楽しみな時間が始まります!

 

今日も細胞レベルでアゲージョな1日を!

 

ハロウィンで俳句♡

「優しい言葉社会の創造」をテーマに講師活動をしています。俳句と季節の色(四季彩療法)を使い言葉のチカラで心を癒す四季彩俳句セラピスト(文芸療法家)さちです
https://kokorokotba575.jimdo.com/

社会を上げる女性づくり!来ればアゲージョになるサロン「ことばの温度」ブログはコチラ→https://ameblo.jp/agejyosachi/entry-12416024957.html

f:id:nihonnokokoro:20181031114303j:image

「ハロウィン」は季節の言葉なので「季語」
・歳時記には未だ載ってないけどね(^ν^)
そこで一句☆
「ハロウィンのかぼちゃに妻の隠しごと」
ウフッ♡ちょっとミステリー^_^
ちなみに「ハロウィン」は4文字です!
良かったら作ってみてね〜ハロウィン俳句^ ^

イギリスに行ってた時に考えていたこと…

「優しい言葉社会の創造」をテーマに講師活動をしています。俳句と季節の色(四季彩療法)を使って心と言葉を繋いで癒す四季彩俳句セラピスト(文芸療法家)さちですhttps://kokorokotba575.jimdo.com/

f:id:nihonnokokoro:20181027200616j:image

現在、サロン準備のために絶賛断捨離中〜

で、本棚を断捨離してたら出て来た写真( ・∇・)


未だ膝の可動域が広かった頃の私 in England♡
リバプールの隣町♩イギリスで2番目に古い街で、ちょうど秋に住んでたから懐かしい^ ^
こ〜ゆ〜のが出てくるから終わらないですね…笑

その写真を見ながら20代の頃に行ったイギリスで何を考えてたか?を思い出してました。

・街が美しいなぁ〜ということと

・季節も美しい…そして建物も美しい…

・暮らし方が美しい…

そして何より

・どこに居ても変わらないというものを見つける!です^ ^

 

イギリスに行った時、日本人ということで、軽くバカにされたと言うか、少し差別的な対応をされたことがありました。

 

その時に感じたのが、どこに居ても変わらないものを見つけて大事にしていく…って思い。

 

それは人を敬うことだったり、優しくするってことだったりする。

場所が変わろうと、当たり前を大事にすること

やっぱり大事にしよう^ ^

 

 

俳句は優しい♡今日も名古屋で「女子会みたいな俳句教室」

「優しい言葉社会の創造」をテーマに講師活動をしています。俳句と季節の色(四季彩療法)を使って心と言葉を繋ぐ四季彩俳句セラピストさちですhttps://kokorokotba575.jimdo.com/

f:id:nihonnokokoro:20181025222924j:image

今夜の満月の美しさにもウットリします^ ^

 

今日は毎月恒例の名古屋の介護施設様での

「女子会みたいな俳句教室」でした^ ^

 

少人数ですが、皆さんホント楽しみにして下さっていて、私が元気をもらえます^ ^

 

90代女子の皆さんの俳句です^ ^

・不細工なおはぎ作って母の墓

・嫁ぐ朝残るサンダル庭の萩

・名月や雲におされてかくれんぼ

・お茶席に萩一輪客を待つ

・秋深くほおばるおはぎ又増えた

・秋の風うけて舞い散る萩の花

 

一生懸命作って、それを皆んなに聞いてもらい

想い出話に涙したり、心の痛みをシェアして軽くなったり…

 

作った俳句がワンクッションになるから、胸の内を伝えやすい…

俳句は優しいなぁ〜といつも思います。

 

なごや俳句サロンの日「いきなり時事俳句」に挑戦!

「社会を上げる女性づくり」と「優しい言葉社会の創造」が専門の講師で俳句セラピスト。ソーシャルアゲージョラボラトリー代表藤川佐智子(サチ)です。https://kokorokotba575.jimdo.com/

f:id:nihonnokokoro:20181024185736j:image

今日は月一「なごや俳句サロンの日」でした!

今日の名古屋でのサロンも、昨日の「とよかわ」と同じテーマの「時事俳句」

ただ、宿題で作って来てもらった豊川とは違い、名古屋では、いきなり作句に挑戦でした^ ^

 

ただそれでは余りに無謀…ということで…

「取り合わせ」の説明と合わせて作句を!

 

①先ず「テーマ決め」

→今日は「人質解放」になりました。

②テーマに込めた思いは?

→四季を喜ぶ・幸せな気持ち

③①②な感じで一句作って頂き、それから推敲へ

 

推敲のポイントは、「人質解放」を別の言葉で表してみると?

この質問にナイスな上五「紐解けて」を生徒さん^ ^素晴らしい!

次に、表したい気持ちや、込めた思いを「季語に込め直せないか?」という質問に…

色々、悩まれてましたが「秋晴れ」を選択!うん。良い感じ♡

 

「紐解けて秋晴れ届く…」最後の下五がなかなか難しい…

このニュースはどこで、何で知ったの?と質問すると、テレビ・ニュース・ネット…という答えだったので、音も数もしっくり来なかったから「掲示板」としてみました。

f:id:nihonnokokoro:20181024191227j:image

 

ラブレターや親子愛…など、ストーリーが広がり過ぎていたので「掲示板」とすることで、自らの立ち位置がハッキリしてくるし、十七音の圏外での物語を、読み手に委ねられるようになります。

 

「おぉ〜」と、生徒さんも感慨深げでした。

花鳥諷詠を詠みがちな俳句に「時事」という切り口が入ると、また作風も広がります。

 

今日で、古民家カフェでの俳句サロンは終了ですが、また場所を変えて「なごや俳句サロン」は続きます^ ^

良かったら、言葉に戯れにお越しくださいね☆

 

 

俳句ってやっぱセラピー♡他には無い時間を提供出来てる自負があります

「社会を上げる女性づくり」と「優しい言葉社会の創造」が専門の講師で俳句セラピスト。ソーシャルアゲージョラボラトリー代表藤川佐智子(サチ)です。https://kokorokotba575.jimdo.com/

f:id:nihonnokokoro:20181023165204j:image

今日は「とよかわ俳句サロン」

前回、話の流れから出した宿題「時事俳句」を説明したりする中で、花鳥諷詠に偏り過ぎてしまった俳句界だけど、「時事詠」をもっと取り入れて、自分の中の俳句にパラダイムシフトを起こして行こう^ ^

 

なぁんて話をしながら、もう一つの宿題の雑詠披露へ…

 

最近、少人数になり、更に深くお伝えする時間や、シェアし合う時間が増えて来たからか、生徒間での化学反応がハンパない!

刺激し合って、どんどん作風の幅が広がってる。

 

私は、ちゃんとした「俳句の先生」ではないけれど、だからこそ「捉われない」学びの場が提供出来ていて、今日も「こんな背景がある俳句だとは知らなかった…深い…深過ぎる…」と、鳥肌が立った方や、泣いてしまいそうになる方も…

 

そして、シェアし合った、雑詠にも、それぞれに想いを重ねる、場所を重ねて、泣きそうになる。

 

「俳句って凄いね…」と、私も思わず漏らしてしまいました。そして「俳句ってやっぱセラピーだなぁ♡」とも思う。

 

更に言えば…花鳥諷詠だけを「良し」とする場所だと生まれない作品や時間、共鳴があることを、胸を張ってお伝え出来る自負があるし、もっともっと「言葉をアソブ」「言葉のゲーム」としての深さや「俳句の可能性や使い道」も伝えたいなぁと思いました。

 

そんな今日の雑詠披露

・山装ふソメイヨシノの咲く不思議

・病室の流行歌にも染みる秋

秋霖や一人鏡と対話する

・役目終えビルの解体秋夕焼け

スマホにて俳書よみたる長き夜ぞ