イベント専門の俳句講師がご提案「福利厚生の新しいカタチ」

イベント専門の俳句講師をしています。また家族を愛し仲間を愛し部下や社員を愛するリーダーだからこそ抱えるジレンマを生き様と捉えリーダーのこころとことばに寄り添う俳句セラピストとしても活動をしています。

なんだか最近、子どもに求めること多くないですか?

f:id:nihonnokokoro:20170914173123j:image

今日のお昼はタコ無しタコ焼き

もはやタコ焼きとは言わないかも  笑

 

私はセラピスト業界にいる人ですが

 

セラピストも大人をケアする人、

子どもに関わる人、シニア支援など

 

自分の想いとフィールドを活かし

様々に活動されています。

 

で、思うのです。

 

子どもに必要なことは
自立して生きれるチカラじゃなくて

 

人は信じられる生物で、頼れる生物で

頼ったら良いんだよ…って

 

知ることなんじゃないかと思う☆

 

なんだか最近子どもに求めることが

多過ぎな気がしてる。

 

なんか子どもには才能だの自立だのを

伝えるオトナたち

 

でも成長して心が疲れたオトナには
甘えていんだよ、ありのままで大丈夫…

 

なぁんて言ってる流れの風潮に
辻褄が合ってないじゃんって

気がしてならない。

 

世界は優しい…

信頼出来る…って分かれば

 

人は勝手に自立出来るし

成長したいと磨き始める。

 

だから子どもには

ホントの意味で「周りに頼れること」を

伝えて欲しいなぁ〜と思って書いてみた^ ^

 

お読みいただきありがとうございます!

 

幸せな女の一生をデザインする!

ソーシャルアゲージョラボラトリー所長

セラピスト経営者の言葉マネジメント

語感戦略アドバイザー  藤川佐智子