イベント専門の俳句講師がご提案「福利厚生の新しいカタチ」

イベント専門の俳句講師をしています。また家族を愛し仲間を愛し部下や社員を愛するリーダーだからこそ抱えるジレンマを生き様と捉えリーダーのこころとことばに寄り添う俳句セラピストとしても活動をしています。

人との関わりは四季で考えると上手く行く…

こんにちは!サチです^ ^

f:id:nihonnokokoro:20170707194851j:image

娘が作ったお弁当のお返しに…と

息子(娘の兄)の友達から頂きました。

可愛い過ぎてテンション上がります(≧∇≦)

 

さて…

今宵は七夕…

織姫と彦星の公開密会が期待出来る

東海地方です☆

 

季節は夏に向かって一直線!

今日も暑かったですね(≧∇≦)

 

そんな中、

先日、蝉の声を聴きました。

 

フェイスブックにアップして

その中で気付いたことを今日はシェアします^ ^

 

それが今日のタイトル

「人との関わりは四季で考えると上手く行く」

です^ ^

 

・・・・・

梅が香り
春が始まり

 

春の盛りは
桜が視覚を楽しませ

 

蝉の声で聴覚を刺激して
夏が始まり

 

実る秋は
美味しい味覚の季節…

 

そして人肌が温かい
触覚の冬に向かう…

・・・・・

 

季節を五感で感じたのは

蝉の声を聴いたからです。

 

蝉の声を聴きながら実感したのは…

 

人との関わり方は
四季で考えると上手く行くのだと言うこと

 

季節を感じることで湧き上がる気持ちを
自分の中で熟成させていくと


コミュニケーションの距離感や関わり方が
自ずと分かる気がする

 

・・・・・

だって

人生は四季のようなものだから…♡

・・・・・

 

街の中に居ても
季節の意識を持っておくって大事。

 

日本人は

四季の中で人生が育まれる☆

 

だから
日本には日本の心理学♡

 

今日もお読み頂きありがとうございました。

 

アーバン俳句セラピスト
語感力育成コンサルタント
藤川佐智子