俳句と植物の力で傷付いた心を才能に変える心にいいこと「暮らしの癒学」

「ちょっと苦しい」「ちょっと切ない」「ちょっと不安」「ちょっと怖い」を放置せず、ケアし、あなた本来の美しくクリエイティブな感性に気付くことが「心の機微を大切にする」ということです。俳人の着眼点や思考術、カラーセラピストのセッションスキル。また、心を痛めた娘との関わりの中で実践した全てを「心と身体、魂にいいこと」=「暮らしの癒学」としてお伝えします。

中日新聞の俳句に選ばれました!生徒さんが^ ^

本日2回目のブログは

嬉しいお知らせ♡

 

毎月2箇所

名古屋市内の高齢者施設様にて

「女子会みたいな俳句教室」で訪問してます。

 

その利用者さんが

宿題で作られた俳句を中日新聞に出され

見事、選ばれた!と

嬉しそうに報告してくださいました♡

 

f:id:nihonnokokoro:20170621201446j:image

 

俳句が生き甲斐で

俳句に救われています…

 

毎月積極的に参加される笑顔の裏には

壮絶な命の物語があります。

 

生徒さんが選ばれるのは

自分が選ばれるより嬉しい*\(^o^)/*

 

幸せな夏至の1日でした♡

 

 そんなサチへの

☆講師のご依頼はコチラ↓

(出張)企業顧客様向け/レクリエーション/カルチャーセンター/~気軽に俳句生活~○○さんちの俳句会 - 愛知/広島を中心に、俳句を心理学と捉えメソッド化した「俳句心理学」をお伝えする色彩俳句セラピストとして「癒し」「コミュニケーション」「言語化トレーニング」や「団体運営支援のコンサルティングを行い、社会をアゲる女性(ソーシャルアゲージョ)の輩出に努める

 

 

☆プロフィール

藤川佐智子(ふじかわ さちこ)

ソーシャル・アゲージョラボラトリー所長

NPO法人日本セラピーブリッジ 理事長

言葉フェチな俳句セラピスト 

 

1997年、某有名飲料企業の俳句コンテストで部門別の大賞を受賞以後同賞で4度の入賞。

2006年より「かず」と「いろ」「タロット」使いのセラピストとして活動開始。 

自分らしく生きるとは自分の言葉で生きること!がモットーの相談実績(セッション)は10000回を超える。

 

2013年からは、俳句セラピストとして講師活動を開始。

女性の6つのステージの中で、心無い言葉に傷付き、自分の可能性にフタをしてしまった心に「癒しと昇華」を与える。

 

女性リーダーのココロとコトバをサポートし社会をアゲる!

「愛と献身のソーシャルアゲージョ主義活動」を行っている♪