心と言葉のコリをほぐして幸せマネジメント『俳句を窓口』に「十七音で始めるヘルスケアな思考術」

俳句は文芸だけにあらず!俳句にはビジネスや人生を幸せにマネジメントするヒントが満載。「俳句を窓口」に暮らしや仕事に役立つ俳句的思考術や活用方法を日々検証し、俳句に興味がある方や俳句を暮らしや仕事に活用したい方に、様々な切り口でご提案する俳句セラピストでイベント専門の俳句講師。俳句をオススメする理由…慌ただしい日々の中、こころとことばのコリをほぐして欲しい…柔らかなこころは望む未来を連れてくるから♡

痛みから優しさに…優しい私(←自分で言う)の写真を撮りました♪

おはようございます!

コトバのチカラで大人の「しなやかなアソビゴコロ」を刺激する

俳句セラピスト 藤川佐智子です。

 

f:id:nihonnokokoro:20170506085633j:plain

 

昔、もう20年以上も前のこと
数か月間だけ通信講座の「川柳講座」を受けたことがあるの。
(あとはどこにも所属せず、もっぱら独学です。)

 

その時、添削してくださった講師の方に、
「たぐいまれな才能を持っている方だと思い、楽しみな人ではあるが、作風の源に流れる、痛みや悲しみが激し過ぎて、何がどうしたんだと思われる」みたいなことを批評欄に書かれたのね。

 

この時、自分の中にあるものって、人に伝わるんだな~って
思ったんだよね(それを知るための講座だったのかも)

 

私は子どもの頃から、作品作りだけに関わらず
個人・法人・人生に関係なく
私を動かす原動力は「痛みや悲しみ」だったりする。

 

だから
「痛み」を感じないと全くもって興味がわかない 

 

ちなみに…私の言う「痛み」とは
「その人が乗り越えて来た傷や優しさに比例するもの」
って言う定義だから

 

そういった意味で「痛み」を感じられない人や物事には
本当に興味がわかない(刺さらない)んだよね~

 

で・・・そんな風にして48年間生きて来て
50を前に思ったわけさ♪

 

「そこは手放そう」って(笑)

 

正確には
私が感じられる「痛み」って
「誰か!」じゃなく「誰しもが持っている!」と言うことを


肝に銘じよう!!!って感じ^^

 

こう思うだけでも充分わたし
優しくなれると思うんだよね^^

 

そう・・・私・・・
優しくなりたいな~と思うんだよね。

 

と言うことで
今日の私の写真を載せたのは、そんな私の宣言だったりします。

 

今一番優しい私のカタチと言うことで(笑)
今日もアゲージョな一日を!!!

 

あっ!昨日 モニター募集を開始した

nihonnokokoro.hatenablog.com

コチラ残3名となりました♪


「面白い!」に反応する方たちの存在に
改めて感謝している朝です♪