明日の笑顔をお約束♡心を言葉に…俳句で今日の自己価値を上げる

言葉に出来ない心の世界を表現する時間を笑いでほぐし俳句セラピーとカラーセラピーで実現♡人生の豊かさは「人生の悩みをどう捉えたか?誰や何に出会い生きるか?(生きたか)だ」と思う私は、特に20代女性とその親世代にあたる40代〜50代を中心に心を言葉にする俳句で自己価値を上げるお手伝いをする俳句セラピスト。と、季節の言葉と色で心を理解し森羅万象の力を取り入れ暮らしや仕事を愉しみセルフケアするヒントやライフコンシャス(人生の道しるべ)に欠かせない思考術をご提案する心理スタイリストのブログです。

自分だけがわかる自分がいて良くね?

新宿歌舞伎町。路地の奥で夜な夜な俳句を詠む人々。「君が死ぬ金魚じゃないから流せない」うつ病・依存症…割り切れない日常を詠む、歌舞伎町俳句一家・屍(しかばね)派。

f:id:nihonnokokoro:20170201191513j:plain

久しぶりに句を載せてみる…(2年前の句だけどね)季語は「花篝(はなかがり)」

 

こんばんは!人生を二大プロジェクトで生きる「ジブン×コトバ×世界を動かす=魅せる言葉」の専門家で色彩俳句セラピストの藤川佐智子です。

 

屍(しかばね)派…って・・・・・

・・・・・・嫌いじゃないけど(笑)

 

昨日、NHKEテレで「歌舞伎町俳句一家 屍派」が特集されていた。

初めて聴く集団だったけど、コレも俳句の癒しの効果なのだと興味深く観てました。

 

新宿歌舞伎座を舞台にしているだけあって、何でもありな感じが妙に優しいな~と思いました。

 

代表をされている方は、お昼は出版社勤務で俳人の北王子翼氏

youshorinshop.com

 

どなたかのブログの紹介文では、北王子翼氏の句集を、喧嘩の弱い人。人に言えない恋をしている人。明日死のうかなと思ってる人。中毒者。鬱病。童貞。には読んで欲しいと書いていた。作品を読んで、私もそんな気がした…

 

癒しで言うと

柔らかく包む癒しもあれば

傷を見て見ぬふりして遠くから見守る癒しもある

更にはエグって、さっさと血を流して回復させる、

荒療治な癒しもあるだろう…

 

結局は、最後は自分なんだけど

番組の中で北王子翼氏が言ってた

「自分だけがわかる自分がいて良くね?」って

まさに「セルフセラピー」だな~と…

 

アウトローに生きる人

王道を生きる人

アウトローでしか生きられない人

王道でしか生きられない人

 

どの道を歩いても大事にして欲しい

「自分だけがわかる自分がいて良くね♪」

 

自分の心に自分の居場所を創る…

nihonnokokoro.hatenablog.com

先月書いたこの想いに繋がって

私も伝えていきたいことだな~と改めて思いました。

 

今日は短めにこの辺で^^

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

私の掲げる二大プロジェクトはコチラ

・・・・・・・・・・・・・ 

f:id:nihonnokokoro:20170109190938j:plain

NPO法人日本セラピーブリッジのホームページはコチラ→

私のセッション・カウンセリングご希望の方は

ソーシャルアゲージョラボラトリーのホームページへ→